--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.08 (Sun)

宿題

[パリ 4日 ロイター]
お金を払えば宿題を肩代わりしてくれるという新しいウェブサイトが、
フランスで5日からサービスを開始する。
このサイトfaismesdevoirs.comでは、
簡単な算数・数学の問題なら5ユーロ(約625円)、
学年末のプレゼンテーションなら
スライドと原稿を含めて80ユーロ(約1万円)を支払うことで、
上級生が宿題を代わりに終わらせてくれるという。

サイトを作ったステファン・ブークリ氏は、
ロイターの取材に「隙間市場に目を付けた」と語った。

一方、教師らはこれに猛反発。

「ショッキングだ。
生徒たちが自ら問題を解くことを学ぶという教育の目的を無視するもの」
と、パリ郊外の中学校で英語を教えるアガタ・フィールド氏は語った。

これに対しブクリ氏は、
問題を解く過程も説明されているので生徒の勉強にもなると反論している。

(2009年3月5日・mixiニュースより抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、
わが娘の授業参観後の学級懇談会でも

「宿題」

の話題になったので、
特に目に止まってしまった記事でした。

懇談会でも

”宿題をやらせるまで大変”

”毎日、宿題のことで喧嘩になったり、もめる”

”自主学習の中身はどうすれば。。”

などなど、
どこのママさんも悩んでいるご様子。。

うちの娘も
とりあえず与えられた宿題はやるものの
自主学習に関しては
ほぼ絵日記。。。

私は、

中身はどうであれ、
忘れずにやっていくだけでもたいしたもんだ!

な~んて都合のいいように解釈しながら
でも、これでいいのだろうか。。
と、親として自問自答してしまう日々であります。


それにしても
宿題代行も商売になってしまう世の中になったとは。。

お金ですべてが解決する。

そう思う子どももいるんだろうな。。

なんだか怖くてなりません。

にほんブログ村 地域生活ブログ 山形情報へfc2 banner





スポンサーサイト
02:58  |  時事ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.19 (Thu)

岩手・宮城内陸地震

ここ2週間ほど、バタバタしており
なかなかブログを更新できずにいました~・・。

それにしても、
またまた大きな地震が来てしまいましたね・・。

6月14日(土)午前8時40分頃
私は、娘を1人自宅に残し
仕事現場へ向う車の中にいました。
裏道を走行中、
ハンドルを右へ左へ動かしていたからか
私自身、全く地震には気づかず・・

でも、私の行く先々に
道路に出てくる、人・人・人・・
ある小学校からは、体育館から
ゾロゾロと親子が出てきて
みんな空を見上げているんです。

「???何かあった・・??」と思った瞬間
娘からの電話。

「ママ~!(半泣き)地震こわいよ~!!」

地震・・!!??
だから、外に人が出てきていたんだ!
と、理解したのと同時に
背中にスッ・・と、寒気が走りました。

娘から、状況を聞くと
外の様子を見るため、今、私の仕事部屋にいるとのこと。
私の部屋は、仕事道具や書類が高く積み上げられている
大友邸の中で、一番の危険ゾーン。

「ママの部屋はモノが落ちてきて危ないから
何もないリビングにいなさいね!
また揺れたら、テーブルの下に隠れて!」

不安がっている娘のところに引き返したい気持ちは
十分にあったのですが
これ以上は大きな揺れもないだろう・・と
根拠の無い判断をし、仕事現場へと向いました。

その日、日中はイベントMC、
夕方からブライダルMCだったのですが
高速道路や新幹線が止まった影響で
ゲストの歌手がステージ時間に間に合わなかったり
披露宴の東京からのゲストが来なかったりと現場は混乱・・。

でも、岩手や宮城の被災した方々に比べれば
命に関わるほどのものではなかったですし
また改めて、
何気ない毎日のありがたさを感じた1日となりました。

そして、地震から3日後
宮城県の鳴子に仕事で出かけたのですが
そこは、目に見える地震の影響はなかったです。
ただ、余震がまだ続いていて
午後から3時間ほどの間に3・4回かすかな揺れを感じました。
鳴子温泉のおかみさん達に話によると
宿泊のキャンセルが相次いでいて
松島や他の温泉街も地震の影響は少ないのですが
宮城県というだけで「危険」と判断される方が多いのか
キャンセル続き&今後の予約も激減してるそうです。

震源地に近い地域の1日も早い復興を願いながら
他地域も、通常の生活に早く戻ることが出来るよう
心からお祈りを申し上げます。

にほんブログ村 地域生活ブログ 山形情報へfc2 banner


18:25  |  時事ネタ  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.29 (Thu)

地震3号

9時20分頃、地震がありました。
震源地は山形県村山地方。

空から大きなモノが地上へ落下したような
「ドン!!!」という音と振動と共に
食器棚の中の食器が
ガシャガシャガシャ・・
足元も、縦揺れから横揺れへと変る。

「じ・地震!?」w( ̄△ ̄;)w

あまりに急な出来事の為
体は硬直状態で動かない・・。

でも、そんな中でも
頭の中だけはフル回転。
「もし、このまま揺れが治まらなかったら・・。
大きくなったら・・。」
心臓の鼓動がドクドクと大きな音を立てていく・・。

そして
学校にいる娘や子ども達は、大丈夫だろうか・・!?
とにかく、揺れが治まってくれることだけを願った。

・・というのも
そう
あの四川大地震で崩れ落ちた学校の映像が
頭の中にチラつき、
なんとも言えない恐怖が襲ってきた・・。

10秒ほどで揺れは治まり
その後、余震もなく
いつも通りの平凡な1日が戻ってきた。

テレビの地震速報が流れる。

『震源の深さは約10km。
地震の規模(マグニチュード)は3.8と推定されます。
各地の震度は次の通りです。』

・・・私の地域は・・。

震度3

まだまだ予断は許さないけど
とにかく治まってホッと一安心となった。


娘が通う学校は
今年、耐震補強工事が行われると聞いているけど
まだ着工されていない。
近くの中学校も、
ちょっと揺れの大きい地震が来たら耐えられないだろう・・
と、保護者や先生方が口々に言っているのだそう。
いざという時の避難場所となる学校が
こんな状態でいいのだろうか・・と頭を傾げたくなる現状だが
私ひとりが、どうこう出来る問題でもなく
1日も早い工事を願うばかり・・。


夕方、帰宅した娘が
「ママ~!!」と走りよってきて
私の背中にピョン!と、飛び乗ってきた。

「今日、地震だったでしょ!?
みんな机の下に隠れて、すっごくドキドキしてね、
そんで、すっごくびっくりしたから、泣いちゃったんだよね~!!
でね、でね、その地震3号だって!!」

「・・・・3号??・・・
・・ああ~!(⌒▽⌒;)
それ、震度3って言うんだよ・・」

娘は、
台風○号と、震度○が
くっついちゃったらしい・・。


ついつい忘れがちになってしまうけど
平凡な毎日ほど幸せなんだということを
身を持って感じた1日となった。

そして、
天災にあわれた世界中の被災者の方々が
1日も早く普通の生活に戻れるように
笑顔が戻るように
(祈ることぐらいしか出来ないのですが・・)
心からお祈り申しあげます。

にほんブログ村 地域生活ブログ 山形情報へfc2 banner

20:40  |  時事ネタ  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。